LinkIconEnglish Page
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


 JFPSP自己心理学協会研究グループへの登録基準を満たさない専門家・初学者の方を主な対象に、研究グループメンバーが執筆・編集する無料メールマガジンをお届け致します。メールマガジンへの登録は、JFPSP自己心理学協会研究グループへの登録とは異なります。自己心理学および間主観性理論をはじめとする精神分析システム理論に気軽に触れる機会としてご活用下さい。臨床心理士および医師等の資格をお持ちの方も登録頂けます。

 隔月で発行する本メルマガの内容は、年2回開催される定例会(グループディスカッション)やウェブセミナー(ウェビナー)など研究グループの活動内容のお知らせと報告、JFPSP自己心理学協会が行ったセミナーのお知らせと報告、自己心理学用語辞典、研究グループメンバーによる各種エッセイ(“印象に残るSV体験”、”ケースカンファレンスって怖くない?”ほか)、書籍紹介等の掲載を予定しています。
 自己心理学臨床の入口として、メールマガジンにご登録下さい。
 また自己心理学用語辞典に掲載するにふさわしい用語を募集しています。本ページ下部にあるフォームより、アイデアをお寄せください。

か行 間主観性 intersubjectivity
   共感 empathy
   コフート Heintz Kohut
さ行 自己対象 selfobjedt
   自己
   自己感
   自己対象機能
   自己対象体験
   自己対象転移
   主体
   主体性
   ストロロウ Robert D. Stolorow
   Z氏の2つの分析
た行 他者
   他者性
は行 forward edge tranference
ま行 丸田俊彦 Toshihiko Maruta

第1条(目的)
この規約は、日本精神分析的自己心理学協会(以下「JFPSP」という)が行うメ ールマガジン(以下「メルマガ」という)配信サービスについて、JFPSP とメル マガ購読者(研究グループ規約により登録を行った者を指す)との間の関係につ いて適用するものである。


第2条(定義)
この規約において「メルマガ」とは、JFPSP に関する情報の提供を目的として、 JFPSP 研究グループに置かれたメルマガ編集委員会が編集し、購読者へ無料で配 信するメールマガジンをいう。


第3条(著作権)
メルマガに掲載された著作物の著作権は、JFPSP に帰属する。


第4条(メルマガの配信)
JFPSP は、メルマガを、購読者があらかじめ登録したメールアドレスへ配信する。


第5条(利用登録)
メルマガの配信を希望する購読者は、氏名とメールアドレスならびに所属等の必要事項を、別途定める方法によりJFPSP事務局(以下「管理者」という)に送信して利用登録を行うことにより購読者となることができる。


第6条(変更・解除)
購読者は、配信されるメールアドレスの変更、またはメルマガサービスの解除を 希望するときは、別途定める方法によりその旨を管理者に連絡する。メルマガサ ービスの解除は、購読者の都合によりいつでも行うことができるものとする。


第7条(中断・停止)
JFPSP は、メルマガサービスを行うための装置・システムの保守点検・更新を行 う場合、停電等の不測の事態によりメルマガサービスを行うことが困難となった と JFPSP が判断した場合は、購読者に事前に通知することなく、メルマガサービ スを中断または停止することができる。


第8条(廃止)
JFPSP は、JFPSP の都合により、購読者に事前に通知または JFPSP のホームペー ジで告知した上で、メルマガサービスの廃止をすることができる。


第9条(JFPSP による利用登録の解除)
JFPSP は、登録されたメールアドレスへのメルマガ配信が不達となったとき、購 読者側のメールサーバの受信拒否または障害により配信に支障が生じたとき、次 条に規定する禁止行為に該当する行為があったとき、またはメルマガサービスを 廃止したときは、利用登録を解除することができる。


第 10 条(禁止事項)
購読者が、他人のメールアドレスを用いて無断で利用登録をすること、または JFPSP のサーバに不正アクセスを試みること、JFPSP のシステムに障害を発生さ せようとすること、その他公序良俗に反する行為を禁ずる。


第 11 条(免責事項)
JFPSP は、次の事項について、理由の如何に関わらず一切の責任を負わないもの とする。
1.購読者がメルマガサービスを利用したことによって購読者または第三者に発 生した、または誘発された不利益や損害
2. メルマガサービスの購読者間に発生した紛争
3. JFPSP からの連絡または告知が購読者に伝わらなかったことによって購読 者に発生した不利益や損害
4. 購読者の虚偽による登録により第三者に発生した不利益や損害
5. 不配、未配、遅配または誤配によって購読者に発生した不利益や損害
6. メルマガサービスの中断または停止の結果、購読者に発生した不利益や損 害
7. メルマガサービスの廃止の結果、購読者に発生した不利益や損害


第 12 条(個人情報の取り扱い)
個人情報の取り扱いについては、JFPSP が別に定める個人情報保護方針によるも のとする。JFPSP は、研究グループ規約によって登録したメールアドレスを、メ ルマガサービス以外の目的に使用しない。


第 13 条(規約の改正)
この規約は、JFPSP 役員会の決議によって予告なく改正されることがある。購読 者には、メルマガサービスを利用する時点でこの規約に同意したものとみなし、 この規約が適用される。


附則 この規約は、平成27年3月10日から施行する。

本メールマガジンに関するより詳細なお問い合わせ以下のメールアドレスまでお願い致します。

LinkIconEmail→magazine@jfpsp.net

直接のお問い合わせをご希望される方は、以下までお願いいたします。

〒651-0087
兵庫県神戸市中央区御幸通6丁目1番31号 フキ三宮ビル701
一般社団法人 日本精神分析的自己心理学協会
JFPSP研究グループ事務局内メールマガジン担当