LinkIconEnglish Page
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


2010年4月に正式発足した日本精神分析的自己心理学研究グループは、自己心理学を中心とする現代精神分析理論に関心を抱く、精神分析的心理療法家や心理療法の専門家のための研究グループです。
設立メンバーは、これまで関西地区を中心に精神分析的自己心理学のセミナーを開催してきた臨床心理士・精神分析家です。
この活動が国際精神分析的自己心理学会(The international Association for Psychoanalytic Self Psychology)の連携グループとして登録されたことを機に、一般社団法人傘下の研究グループとして活動することとなりました。
関西・広島を中心に活動を開始した研究グループですが、今では北海道から鹿児島まで約80名の会員を抱えています。臨床心理学〜精神分析的心理療法に関心をお持ちの専門家のみなさまの参加を心よりお待ちしています。

JFPSP研究グループへの入会とお問い合わせについて

現代自己心理学および関連する精神分析的心理療法について、相互に学びあい、情報を交換するためのグループにご参加ください。自己心理学初学者である専門家、他の精神分析的心理療法等を専門とされている方でも入会いただけます。この会への入会は、訓練研究所への申し込みおよび社団法人の社員になることを意味しません。入会には審査がありますが、お気軽にお問い合わせください。

LinkIcon入会案内へ

無料メールマガジンをお届けします

JFPSP自己心理学協会研究グループへの登録基準を満たさない専門家・初学者の方に向けて、研究グループメンバーが執筆・編集する無料メールマガジンをお届け致します。隔月で発行する本メルマガでは、定例会やウェブセミナーなど研究グループの活動内容のお知らせと報告、JFPSP自己心理学協会が行ったセミナーのお知らせと報告、自己心理学用語辞典、研究グループメンバーによる各種エッセイ(“印象に残るSV体験”、”ケースカンファレンスって怖くない?”ほか)、書籍紹介等の掲載を予定しています。自己心理学臨床の入口として、メールマガジンにご登録下さい。

LinkIconメルマガ登録へ

グループディスカッション/グループスーパーヴィジョン

JFPSP研究グループでは、年間2回の定例会を開催しています。会員による講義と討論、グループスーパーヴィジョンを通して、会員相互による研鑽と親睦を深めます。JFPSPの会員であることが参加資格であり、参加費用は年会費に含まれています。新たな会員として、専門家のみなさまのご参加をお待ちしています。

LinkIcon定例会情報へ

会員専用メーリングリストを活用したウェブ・セミナー

”ウェビナー”とは、JFPSPの会員が利用しているメーリングリストを利用したウェブ上で行われるセミナーのことです。年間2回行われるウェビナーは、自己心理学の基礎的な内容だけではなく、様々なトピックスを学び会う機会となります。講師は会員より選定され、およそ2週間をかけてメール上で議論が行われます。
研究グループの会員であることが受講資格であり、参加費用は年会費に含まれます。遠方の会員や外出が難しい会員でも参加しやすいセミナーです。

LinkIconウェビナー情報へ

 JFPSP研究グループが提供するミート・ジ・オーサーは、正会員・準会員を限定としています。研究グループのメーリングリストを活用し、会員による新刊・投稿論文等について、およそ1週間にわたり議論と理解を深めていきます。学術的な内容ばかりでなく、執筆および着想の背景など、著者の人となりに触れる機会です。遠隔地でも参加できるミート・ジ・オーサーを体験するために、研究グループへの合流をご一考ください。尚、会員の参加費は無料です。

LinkIconミート・ジ・オーサー情報へ

研究グループが主催する会員外でも参加可能なセミナー

JFPSP研究グループでは、公開セミナーを年間1回程度行っています。自己心理学協会(法人)が主催する公開セミナーとは異なり、日本心理臨床学会や精神分析的心理療法フォーラム学会などで、専門家向けに精神分析的自己心理学に関する講演・グループスーパーヴィジョンを行います。

LinkIcon研究グループ主催公開セミナー情報へ

アメリカ国内の精神分析研究所での通訳付きセミナー

JFPSPは数年に一度、正会員を対象にアメリカの精神分析研究所にて集中講義を開催します。在ニューヨークTRISP自己心理学研究所、IPSS主観性研究所などに所属する精神分析家の講義とグループスーパーヴィジョンに、みなさまもぜひご参加ください。

LinkIcon2016 IPSS主観性研究所セミナーのお知らせ
LinkIcon2012 TRISP自己心理学研究所セミナー報告

会員の研究の奨励および支援

JFPSP研究グループでは会員による研究を奨励・支援することを目的として、アラハート賞を設けています。
羽下大信基金規定に基づいて、年に一回、正会員を対象に研究論文を公募します。

LinkIconアラハート賞詳細へ

米国精神分析研究所への短期留学する会員への助成

JFPSP研究グループでは海外の精神分析研究所に短期留学をする正会員を対象に、4年に1度、奨学金として60万円を支給することになりました。さらに希望する場合は、追加で60万円を無償貸与いたします。

LinkIcon羽下記念奨学金詳細へ

JFPSP研究グループに所属するメンバーが、性別や学位、職種、性的指向性、容姿、服装、思想、信条、宗教、私生活上の個人的関係や活動、関心のある学派などによって、不当に差別されたり、不利益を被ることがないことを目指します。

LinkIcon差別およびハラスメントの排除に関する宣言へ

運営委員長 井上 慎司 西江こころのクリニック
運営委員 中谷 真弥
西山 豪
ニューヨークIPSS主観性研究所
心の杜・新宿クリニック
ウェビナー委員 小泉 誠
中西 和紀
筒井 潤子
甲子園大学
あいせい紀年病院
都留文科大学 

2015年度より運営委員は会員の中から選挙で選ばれた正会員です。法人とは独立に、約70名の会員の意向を集約しながら運営しています。