LinkIconEnglish Page
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



 一般社団法人日本精神分析的自己心理学協会は、2013年4月より自己心理学を学習するための少人数を対象とするコースワークを開講して参りました。これまで神戸市三宮と広島で行われていた当セミナーですが、2018年4月より、一部の授業をインターネット上のビデオ会議室を利用して提供しています。そして2019年度も「精神分析における夢と空想」について、Web開講を予定しています。インターネットを介して提供される授業により、これまでご受講頂けなかった遠方の方、子育て・介護等で自宅を離れられない方にもご参加頂けるようになります。是非この機会に、Web経由による授業をご体験ください。

 各授業は1回90分、全12回からなる1年課程です(「フロイトの著作」は4日間の集中講義形式にて提供いたします)。参加されるみなさまが充分な学習機会を得られるよう、できるだけ少ない人数で行います(最低開講人数3名・最大人数20名程度)。

 我が国では精神分析臨床に携わる専門家が少なくありませんが、残念ながらそれらの訓練を得るための機会は決して多くありません。特に、Kohutに始まる精神分析的自己心理学は、我が国でも定着しつつあるにもかかわらず、組織だって学習するための機会はほとんどありません。そこで弊協会訓練研究所が主催する神戸精神分析セミナーをご活用ください。臨床を深めるために、また、精神分析的自己心理学の知識を深めるために、多くの専門家のみなさまのご参加をお待ちしています。



2) Eメール

①お名前、②ご所属、③ご職業(臨床心理士・公認心理師・医師・そのほかの場合は具体的に)、④郵送先住所、⑤電話番号、⑥ご関心のあるセミナー名、⑦本セミナーを知ることとなったきっかけをご記載の上、seminar@jfpsp.orgまでご連絡ください。 2〜3日経過しても返信が送られてこない時は、お手数ですが別のメールアドレスから再送いただくか、上記(1)ないしは下記(3)の方法をお試し願います。
※お問い合わせから3日経過してもメールによる連絡が入らない場合は、LinkIconinfo@jfpsp.netまでご連絡ください。

1. フロイトの著作(神戸にて集中形式講義で開講)

①立木康介(京都大学)/②安村直己(甲子園大学)/③吾妻壮(神戸女学院大学)

①7/27(土)・28(日) 10:30〜16:30
②10/13(日) 10:30〜16:30
③2020/2/9(日) 10:30〜16:30


精神分析はフロイトが作り上げたモデルから始まる解釈学ともいえるだろう。精神分析を学ぶ者は、学派にかかわらず、フロイトの著作から出発し、必要に応じてフロイトに立ち戻らなければならない。メタ心理学、防衛、抵抗や転移、夢、自由連想、中立性など、さまざまな精神分析の基礎概念を、フロイトはどのように整理してきたのだろうか。この授業では、「心理学草案」から始まるフロイトの有名な著作を取り上げ、現代の自己心理学の考え方を含めつつ、フロイトがとらえようとした精神分析の作業や、心というものがどのようなものなのかを理解する。

[受講料]
 ○全12回分・・・・・・・84,000円(登録料7,000円)
 ・立木講師担当全6回分・ 45,000円(登録料3,600円)
 ・安村講師担当全3回分・ 23,000円(登録料1,800円)
 ・吾妻講師担当全3回分・ 23,000円(登録料1,800円)
 ※受講には別途、年間登録料がかかります。上記( )内の金額が登録料です。
 ※年間登録料は、年間で上限7,000円です。2科目ご受講いただく場合は、2科目で7,000円です。
 ※正規訓練生および2018年度受講生は、全12回受講料が80,000円です。
 ※正規訓練生には、上記年間登録料はかかりません。



2. 精神分析における夢と空想(Web開講)

①小林陵(横浜市立大学附属病院)/②羽下大信(住吉心理オフィス)/③岡秀樹(疋田病院)
④Amy Joelson(IPSS主観性研究所)/⑤Doris Brothers(TRISP自己心理学研究所)

毎月第1月曜日21:00〜22:30
①4/1(月)・5/6(月)・7/1(月)→「フロイトと自我心理学の夢と空想」
②6/3(月)・12/2(月)→「フロイトと自我心理学の夢と空想」
③岡担当分は8/4(日)13:00〜14:30、14:45〜16:15に集中講義形式にて開講致します。→「自己心理学の中での夢」
④Joelson担当分は9/2(月)21:30〜23:00・10/7(月)21:30〜23:00・11/4(月)22:00〜23:30→「対象関係論、現代自己心理学、関係論における夢と空想」(日本語通訳はつきません)
⑤Brothers担当分は2/29(土)9:30〜11:00・3/14(土)9:30〜11:00→「間主観性システム理論における夢と空想」(日本語通訳はつきません)


夢は無意識を理解する主要な方法として、フロイトの時代から重視されてきた。フロイトの考え方から、自我心理学、対象関係論、現代自己心理学へとそのとらえ方の変遷を理解する。また、無意識的空想の精神分析的な意味についても理解を深める。

[受講料]
 ○全12回分・・・・・・・・84,000円(登録料7,000円)
 ・日本人講師担当全7回分・ 53,000円(登録料4,200円)
 ・米国人講師担当全5回分・ 40,000円(登録料3,000円)
 ・岡講師担当全2回分・・・ 15,000円(登録料1,200円)
 ※受講には別途、年間登録料がかかります。上記( )内の金額が登録料です。
 ※年間登録料は、年間で上限7,000円です。2科目ご受講いただく場合は、2科目で7,000円です。
 ※正規訓練生および2018年度受講生は、全12回受講料が80,000円です。
 ※正規訓練生には、上記年間登録料はかかりません。



※上記講義に関する参考文献等が記載されたより詳細なシラバスは、下記メールアドレスまで個別にご請求ください。なお、詳細なシラバスは請求者個人のものであり、譲渡・転載・転用は禁止しています。

LinkIconシラバス請求用メールアドレス


【期間】

2019年4月〜2020年3月



【開講日】

 毎月1回(フロイトの著作は年間4日間、集中講義形式にて開講)


若干名。ひとつの授業の受講者数は3〜10数名程度と少人数であり、極力細やかかつ濃密な討論を提供することを目標にしています。

 2019年度神戸精神分析セミナーには、2019年4月1日の時点で次のいずれかの資格を有し、当研究所の訓練プログラムを受けるための高い動機づけを有する方をお待ちしています。

1. 医師・臨床心理士・公認心理師の資格を有する方

2. 社会福祉士、精神保健福祉士、教師、看護師のいずれかの資格を有しており、かつ認証された国内外の大学院による修士(領域を問わない)以上の学位を有する方

3. 臨床心理学またはその関連領域の博士号をお持ちの方

 以上の条件を満たし、臨床業務に携わるうえでの十分な倫理的判断力を持つ方であれば、国籍、人種、性別、宗教的立場などによって、受講を不当に制限されることはありません。



1科目(12講義分) 84,000円。

※授業を欠席しても返金はされません。
※Web開講において、講師側の通信環境不具合による中止時は、その回の受講料を返金する場合があります。
※受講料の他に、7,000円の登録料が必要です。複数の科目を受講しても、登録料は全体で7,000円です。
※2018年度神戸精神分析セミナー受講者は、80,000円/1科目にてご受講いただけます。
※講師ごとの受講申込み等が可能です。

吾妻 壮(担当科目:フロイトの著作)
精神保健指定医、臨床心理士
日本精神分析学会認定精神療法医
神戸女学院大学人間科学部

Doris Brothers(担当科目:精神分析における夢と空想)
臨床心理学博士、ニューヨーク州精神分析家
TRISP自己心理学研究所ファカルティ・スーパーヴァイザー・訓練分析家

羽下 大信(担当科目:精神分析における夢と空想)
臨床心理士、兵庫県臨床心理士会会長
住吉心理オフィス

Amy Joelson(担当科目:精神分析における夢と空想)
認定臨床社会福祉士(LCSW)
IPSS主観性研究所ファカルテイ
NIP精神分析研究所ファカルティ

小林 陵(担当科目:精神分析における夢と空想)
臨床心理士
横浜市立大学附属病院

岡 秀樹(担当科目:精神分析における夢と空想)
臨床心理士、
日本精神分析学会認定心理療法士・スーパーバイザー
疋田病院

立木 康介(担当科目:フロイトの著作)
分析学博士(パリ第8大学精神)
京都大学人文科学研究所

安村 直己(担当科目:フロイトの著作)
臨床心理士、カールメニンガー精神医学校国際研修プログラム修了
甲子園大学大学院
メンタルヘルス健育研究所サイコセラピスト

 一定水準の学習内容を確保するため、書類審査を行います。結果は電子メールまたは電話のいずれかで行います。審査に合格した後に、(1)年間登録料(科目等履修生登録料) 7,000円(1年間。受講の形態によってはこれより低額となります。複数科目を受講しても、年関登録料は最大で7,000円です)と、(2)受講科目授業料(1科目あたり84,000円。2018年度受講者は80,000円)をお振込みください。お支払いは、最大4回までの分割払いも可能です(無利息)。

出願申込み締め切り:2019年3月24日(日)

(1)出願に関する注意
(ア) 出願に先立って研究所教員に直接連絡をとり、出願書類の内容についてご相談いただいて構いません。


(イ) 出願手続き後は、いかなる理由があっても書類記載事項の書き換えは認められません。また、提出された書類は返却せずに当方で裁断処分することをご了承ください。


(2)登録手続きに関する注意
(ア) 登録が決定した時より、2週間以内に登録料が振り込まれない場合、登録を認めない場合があります。


(イ) 登録後であっても、出願書類等に虚偽の記載があることが分かった場合には、登録を取り消す場合があります。その場合、登録料の返還はできません。

一般社団法人日本精神分析的自己心理学協会は、2010年4月に発足した日本精神分析的自己心理学研究グループを前身として、2013年2月に設立された組織です。国際自己心理学会(International Association for Psychoanalytic Self Psychology)の連携グループとして3年間活動を続けてきた実績をもとに、自己心理学やそれに関連する現代の精神分析理論に関心を抱く精神分析的心理療法家や心理療法の専門家のために、相互互助の研究会や精神分析的心理療法家の養成、公開セミナーなどを行っています。米国ニューヨークに本部を持つTRISP自己心理学研究所(Training and Research in Intersubjective Self Psychology)やIPSS主観性研究所(Institute for the Psychoanalytic Study of Subjectivity)の教員とも連携し、海外の状況をいち早く取り入れながら、最新の知見をもとに精神分析臨床や理論を発展させています。ニューヨークで行う集中講座(通訳つき)や、公開セミナー、会員限定の学習機会、訓練教育を多く行っています。